大人にこそ試して欲しい、今日からできてすぐに効果の出る「究極のニキビケア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回のテーマはニキビケア。

暖かくなるにつれて、現われがちな肌トラブルや、ニキビや吹き出物。

季節の変わり目は体調が不安定になりがちなこともあり、一時的に肌あれ症状に見舞われてしまう人が多いと思いですよね。

ニキビケアをしていると思っていても、なぜか「ニキビがなくならない!」なんてこともよくあることです。

もしかしたらそれはニキビケアの方法が間違っているのかもしれません。

正しいニキビケアをしていけばニキビのない美肌を維持することができます。

そこで今回は、今日から実践できる正しいケアの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.ニキビの原因とは何か?
1-1.思春期ニキビの場合
1-2.大人ニキビの場合(20代以降)

2.肌質別の正しいニキビケアとは
2-1.乾燥肌のニキビケアの場合
2-2.敏感肌のニキビケアの場合
2-3.オイリー肌のニキビケアの場合
2-4.混合肌のニキビケアの場合
2-5.アトピー肌のニキビケアの場合

3.正しいニキビケアの方法とは?
3-1.洗顔を意識すること
3-2.食べ物にも気を遣うこと
3-3.化粧水や乳液でしっかり保湿する
3-4.化粧品の見直し

4.肌荒れやニキビの対策は何をすればいいのか?
4-1.しっかり睡眠をとること
4-2.適度な運動をして汗をかくことを心掛ける
4-3.タンパク質やビタミン類を取り入れた食事
4-4.紫外線
4-5.皮膚科も検討する

5.漢方のニキビケアとは?
5-1.漢方のメリット
5-2.漢方のデメリット
5-3.体質を見極めること
5-4.漢方の購入

6.まとめ

1.ニキビの原因とは何か?

「ニキビの原因とは何か?」の画像検索結果

出典 | kirei-kenkou , 

基本的にニキビはどの年代にもできますが、年代によって原因が変わってきます。

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)とも呼ばれる皮膚疾患の一つです。

とくに思春期などに顔や背中を中心に、赤みを帯びたり中心に膿を持ったりすブツブツがたくさんできるのが特徴にです。

ニキビは思春期だけでなく、20代後半から30代以降でもできることがありその場合は吹き出物(大人ニキビ)と呼ぶことがあります。

青年期以降にできるニキビは、思春期の時にできるニキビと原因が異なることもあり治療方法も変わってきます。

ニキビや吹き出物をそのままにしておくと、いつまでも繰り返しニキビができたり、ニキビ跡が悪化してしまったりします。

自分のニキビの原因を知ることで繰り返すニキビを軽減したり、悪化することを防ぐことができます。

その原因によってニキビケアの方法も、使うニキビケア用品も変わってくるのです。

では、年代別のニキビの原因について紹介しますので、自分のニキビがなぜできるのか考察してみましょう。

1-1.思春期ニキビの場合

「思春期ニキビの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ 

まず、10代の思春期ニキビケアは「余分な皮脂を取り除くこと」がポイントとなります。

一般的に10代のニキビを思春期ニキビと言い、その頃は成長ホルモンが多く分泌されている影響で皮脂が過剰に分泌してしまうことは知っていますか?

思春期ニキビは、その過剰に分泌した皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビになってしまうというのがよくある流れです。

この思春期のニキビケアは洗顔でしっかりと余分な皮脂を落とすこと、そして保湿をして肌を健康な状態で保つことが必要です。

しかし、10代でも学生の頃はまだ高いニキビケア用品なんて買えないのでどんな洗顔料を買うかわからないかもしれません。

おすすめなのが刺激の少ない洗顔料で肌の汚れをしっかりと落とすことです。

刺激が少ないものは肌に負担もかかりにくいので、新たなニキビを防ぐことができます。

やりすぎも禁物ですが、きちんとケアしてあげないと成人以降に跡が残ってしまう可能性が高いので、慎重に行ってみてくださいね。

1-2.大人ニキビの場合(20代以降)

「大人ニキビの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビケア化粧品を徹底比較!大人ニキビ悩みの最終兵器は? 

一般的に20代、30代以降のニキビは大人ニキビと言われています。

この大人ニキビはフェイスラインに出来やすいという特徴がありますので、20代からのニキビはフェイスラインや顎や口周りに出来やすくなります。

Uゾーンとも呼ばれます。

ニキビができる理由として最もあげられるのは、ホルモンバランスが大きく関係しています。

ホルモンバランスが乱れる原因の多くは、ストレスや睡眠不足による、生活習慣の乱れや環境の変化などが影響します。

ストレスや睡眠不足が原因となっている場合は、化粧水や美容液でケアをしても、なかなか根本的な解決にはなりません。

特に毛穴の小さい顎は、その影響を受けやすく、皮脂がたまってニキビになりやすいです。

大人ニキビは自分の肌に合ったニキビケア用品をしっかり使うこと、そして正しい使用法でケアすることで未然に防ぐことができます。

肌が常に乾燥している状態なら刺激に弱いので、刺激が強いケア用品で肌トラブルが起こる可能性もあります。

アレルギー等や肌が弱っている場合はさらに悪化する場合もあるので、自分の肌を見極める必要があります。

 

2.肌質別の正しいニキビケアとは

ニキビケアと予防方法を肌質によって分けて紹介しています。

最も理想的な方法は肌を清潔に保ちつつも、ニキビを刺激しないことです。

洗顔料なら、“泡立たない洗顔料”を選んでみるのも一つの手です。

ジェルやクリームタイプの泡立たない洗顔料はクッション性に優れているので、保湿クリームやジェルを伸ばすような手応えで汚れをオフできることが特徴だと言えます。

肌をゴシゴシと摩擦してしまうことがありませんので。

それぞれの正しいケアと予防策について確認してみましょう。

自分の肌質に合ったケア方法を知りましょう。

2-1.乾燥肌のニキビケアの場合

「乾燥肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ORBIS Inc. 

基本、ニキビはベトベトのオイリーな肌にできやすいと考えがちですが、実は皮脂が不足した乾燥肌って知っていますか?

その理由は、乾燥した肌はみずみずしい健康な肌と比べると毛穴が詰まりやすくなるのです。

乾燥してしまった肌は皮脂が著しく不足してしまうため、細胞の新陳代謝が悪くなってしまいます。

細胞の新陳代謝が悪くなると細胞分裂が減って新しい細胞が作られなくなってしまうため、古い肌細胞がいつまでも皮膚に残ってしまうことになります。

これらにより本来は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちる皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

そして、毛穴に詰まった皮脂や汚れを餌にしてアクネ菌が増殖してニキビになるのです。

ニキビケア

乾燥によるニキビ肌を治すためには水分補給と保湿が重要なります。

ニキビケアに化粧水は必須です。

肌を潤す効果があるので、肌を健康にする・乾燥を防いでくれるといった事に繋がります。

化粧水には美白の効果や保湿の効果、アンチエイジングの効果など様々なものがあります。

ニキビケア用品としてなら保湿効果が高いものがおすすめです。

これはまず、しっかりと洗顔をしたら化粧水でしっかりと水分を肌に与えてあげることが重要です。

この時、できればビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの成分が配合したものを選ぶと、肌の内部まで水分が行き届かせることができると思います。

化粧水で水分を補給したら、その水分が外に逃げないようにクリームなどでしっかりと保湿を行います。

クリームはオイルが配合されているので、乾燥を防ぐためにはクリームを使うことをおすすめします。

乳液やクリームは化粧水を肌に馴染ませた後に使用します。

化粧水で肌に潤いを与えても時間の経過とともに潤いは逃げてしまいますが、乳液やクリームで肌に蓋をすることによって潤いを肌に閉じ込めることができますよ。

2-2.敏感肌のニキビケアの場合

「敏感肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビをオロナインで治す方法について! 

敏感肌の方は皮膚が刺激に弱く、ちょっとした刺激でも肌にトラブルが起こってしまいます。

特に、強い日差しの紫外線や細菌、花粉などアレルギー物質に強く反応します。

そして、敏感肌の方は肌のバリア機能が弱いので当然ながらニキビもできやすくなります。

個人差がありますので注意が必要です。

ニキビケア

お肌が敏感肌の方のニキビケアは、まず肌に対する刺激を最小限に抑えることが重要になります。

洗顔時に冷たい水でなくぬるま湯を使うことで刺激を抑えることができます。

また、洗顔料を使うときには泡立てネットなどを使ってきめ細かい泡でやさしく洗いあげると刺激を抑えられます。

さらに言えば、顔を拭くときもゴシゴシこすらずに、タオルを顔に押し当てるような感覚で拭くようにしましょう。

そういう意識も必要ですよ。

ニキビケアには化粧水やクリームなどで保湿することも大切ですが、化粧水やクリームにはアルコール成分が使われていたり、香料や防腐剤が含まれて使われているものがあります。

このような成分は肌に強い刺激を与えるため、配合成分に注意することも大切なポイントです。

2-3.オイリー肌のニキビケアの場合

「オイリー肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビの教科書 

ニキビの主な原因の一つは皮脂の過剰な分泌というのは最初の方で説明しました。

特に思春期のニキビは皮脂が原因のことがほとんどです。

過剰な皮脂が毛穴の中に詰まってしまうと、そこでアクネ菌が繁殖し炎症を引き起こしてしまいます。

ニキビケア

普段から皮脂が多くお肌がベタベタしているならば、まずは皮脂の分泌を抑えることがポイントになります。

肌の皮脂を抑えるためのポイントの一つは洗顔です。

正しい洗顔で余分な皮脂を洗い流すことでニキビを予防することができます。

洗顔料などを使って、毎日の洗顔を習慣づけるようにすることが大切です。

ただし、一日何度も洗顔したり、多量の洗顔料を使って洗顔したりするのはNGです。

皮脂はニキビの原因となりますが、皮脂をすべて洗い流してしまうとかえって皮脂の分泌量が増えてしまい、オイリー肌になってしまいます。

適度に皮脂を残すよう、1日2回程度の洗顔が適当です。

さらに言えば、皮脂の分泌量は食生活の改善によっても減らすことができます。

特に脂質の多い食事が好きな方は、野菜中心の食事に切り替えることでニキビを改善することができると思います。

飽和脂肪酸をたくさん含んでいるバターなどの乳製品や脂の多い肉などの摂り過ぎには注意しましょう。

2-4.混合肌のニキビケアの場合

「混合肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | スキンケア通販アプロスの美容コラム
スキンケア通販「アプロス」 

実は、肌のタイプには乾燥肌とオイリー肌が混在する「混合肌」って知っていますか?
また、混合肌にも特定の部位は乾燥しているけれど、別の部位はオイリーだという場合もあります、一方肌の表面は乾燥しているけれど、その内部はオイリーだということもあるのです。

いずれにしても、混合肌の方にニキビができてしまった時は、両方のケアをしなければならないのでとても難しいケアとなります。

まず、部位によって乾燥とオイリーが分かれているならば、それぞれに対応したケアが必要になってきます。

ニキビケア

一般的には、Uゾーンは乾燥しやすくTゾーンはオイリーになりやすいので、Uゾーンには十分な保湿を行いながら、Tゾーンだけに洗顔料を使って皮脂を洗い流すとバランスの良い肌となります。

肌の表面だけが乾燥している場合は、外的な要因が大きく影響していることがあります。

特に影響が大きいのがエアコンになります。

本来、オイリー肌の方でもエアコンの効いた室内は乾燥が強いため、肌の表面だけが乾燥してしまうことが多いのです。

対処としては、加湿器などを上手に活用して肌の表面の乾燥を防ぐだけでもニキビ肌の改善に効果があります。

2-5.アトピー肌のニキビケアの場合

「アトピー肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

アレルギー性のアトピー性皮膚炎をお持ちの方の中にはニキビで悩んでいる方がたくさんいます。

アトピー性皮膚炎とニキビが一緒に出てしまうととても辛く、また、ケアも難しくなってくるのです。

注意してケアをしていきましょう。

ニキビケア

アトピー性皮膚炎の方にニキビが出やすい理由の1つは、アトピー治療に使われるステロイドの影響と言われています。

このアトピー性皮膚炎は、外部の刺激に対して体の免疫作用が必要以上に強く反応してしまうことで起こります。

そのため、処方ステロイドを使って免疫力を抑えて症状を抑えるわけですが、免疫力が低くなればニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなるので、結果としてニキビができやすくなってしまう怖れがあるのです。

このようなニキビを「ステロイドニキビ」と呼ぶこともあります。

アトピー性皮膚炎とニキビのどちらかの症状を改善しようとすると、もう一方の症状が悪化してしまう可能性もあります。

皮膚科に行って相談するか、慎重なケアしましょう。

 

3.正しいニキビケアの方法とは?

日々のニキビケアは正しい方法ですることでしっかりとニキビを防ぐことができます。

間違ったやり方ではニキビは根本的になくならないので、正しい方法を知って今日から実践してみましょう。

ではその正しい方法について説明していきたいと思います。

3-1.洗顔を意識すること

「洗顔を意識すること」の画像検索結果

出典 | 健康と美容の改善・解消法、コスメ、食品、サプリメントなどご紹介する情報サイト健康・美容 意識UP 総合サイト 

洗顔をする前にまずは手を綺麗に清潔な状態にしておきましょう。

手に雑菌が付いている状態で洗顔をすると、雑菌が肌についてニキビの原因となってしまいます。

そして、手を清潔にしたら洗顔を泡立てネットでよく泡立てましょう。

よく泡立てればしっかりとした泡になるので、その泡で顔全体を優しくおおうように洗っていきます。

この時に注意したいのが、強くこすらないことです。

顔の汚れは泡で優しく洗うだけできちんと落ちます。

逆に強くこすると肌に負担がかかるので肌荒れの原因となってしまうのです。

泡で顔全体を洗い終えたら水かぬるま湯で泡を落としきります。

そして清潔なタオルで顔をよく拭いておきましょう。

この辺のやり方は是非とも意識して実践していきましょう。

3-2.食べ物にも気を遣うこと

「食べ物にも気を遣うこと」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

ニキビというのは食生活の偏りでもできてしまいます。

脂っこいものが中心の食事や、お肉ばかり・魚ばかりなどの栄養バランスが偏った食事は体にも肌にも絶対に良くありません。

肉・魚・野菜をバランスよく食べていくことで肌の不調も改善されます。

できれば、和食中心にしてビタミンB群を多く摂取することがケアにもつながりますよ。

3-3.化粧水や乳液でしっかり保湿する

「化粧水や乳液でしっかり保湿する」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

最後に洗顔が終わったら次は化粧水です。

化粧水は手のひらに適量を取り、肌全体に馴染ませていきましょう。

両手を使って肌に馴染ませるように滑らせ、馴染んだら優しく化粧水を押し込んでいきます。

ニキビが出来やすい部分があれば化粧水の二度付けもおすすめです。

美容液を使う場合は化粧水の後です。

美容液も適量を顔全体に優しく馴染ませておきましょう。

化粧水を馴染ませたら乳液やクリームです。

こちらも手のひらに適量を取り、顔全体に馴染ませて優しく押し込んでください。

保湿はニキビケアでは必須ですので、是非おすすめです。

3-4.化粧品の見直し

「化粧品の見直し」の画像検索結果

出典 | LAR 

脂性って気になると思います。

脂性の方に多いのが、スクラブが入っている洗顔料を使って、特に泡立てもせずに力強く洗ってしまうというやり方です。

これは、逆効果と言えます。

肌を傷つけるだけでなく、余計に水分を奪ってしまい、肌が乾燥しすぎてしまうからです。

ニキビが奇異なるお肌には余計な添加物を含まない天然由来の洗顔料がおすすめです。

洗顔料を買う際は、原料をチェックしてから購入するようにしましょう。

また、洗顔後は化粧水で保湿するようにしましょう。

洗顔料で洗うだけだと、肌の水分が逃げてしまい、そのため過剰に皮脂を排出してしまいます。

 

4.肌荒れやニキビの対策は何をすればいいのか?

ニキビケアとは言っても、肌荒れやニキビを予防する基本的な対策方法があります。

基本的な対策を行うだけで、ニキビが増えたり悪化することを防ぐことができます。

4-1.しっかり睡眠をとること

「しっかり睡眠をとること」の画像検索結果

出典 | Peachy 

吹き出物の肌荒れやニキビの大敵の一つは不眠が原因であるとも言われているのです。

肌は睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは一日過酷な状況にさらされた肌を睡眠をとることで、傷んだ肌の細胞を修復します。

睡眠がとれなくなってしまうと、著しく成長ホルモンが分泌されにくくなってしまい、結果的に肌荒れやニキビができてしまうのです。

睡眠は精神的ストレスがあることで取れなくなってしまうこともあるので、ストレスの原因を突き止めてストレスを緩和させることも必要な措置です。

また、成長ホルモンは夜の22~2時辺りに濃厚に分泌されるので、できるだけ22時には入眠できるように心がけましょう。

身体のメンテナンスはお肌にもダイレクトに影響することを意識しましょう。

4-2.適度な運動をして汗をかくことを心掛ける

「適度な運動をして汗をかくことを心掛ける」の画像検索結果

出典 | CyberAgent, 

日々、適度な運動をすることで身体は汗をかきます。

汗は身体の中のいらない毒素を外へ出す役目も果たしていているのです。

ニキビができる原因として、身体の中に溜まった毒素が原因であることもあります。

身体の中に毒素が溜まったままになってしまうと、その毒素は活性酸素となって様々なダメージを与えてしまいます。

身体が疲労を感じるまでの過激な運動は必要ありませんが、休日でも良いので軽く汗をかく程度の軽い運動をしてみるのが適切と言えます。

特に注意が必要なのが、必ず汗をかいたら汗をしっかり洗い流すようにしましょう。

汗をそのままにしておくと、汗が酸化して肌トラブルの原因になってしまいます。

運動後はシャワーや洗顔をして、しっかり水分をとるようにしましょう。

生活習慣改善の一つなので、適度な運動は必要と言えます。

4-3.タンパク質やビタミン類を取り入れた食事

「タンパク質やビタミン類を取り入れた食事」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

このニキビケアを予防するためには、質のいいバランスのとれた栄養を補うことが必要だと言えます。

特にニキビを予防するためには、以下のビタミン類を補給することが良いとされています。

・ビタミンA:お肌の潤いを保ち、肌の再生を促す効果
・ビタミンB2:お肌から出る皮脂の分泌をコントロールしてくれる
・ビタミンB6:新陳代謝を促して新しい肌の再生を促す効果
・ビタミンC:メラニンの生成を抑制し、ニキビ跡やシミを薄くする効果
・タンパク質:肌のターンオーバーを促し新しい皮膚を再生する効果
・食物繊維:脂肪を分解しやすくしたり便秘通を良くする効果が期待できる
・コラーゲン:新しい肌を再生したり、肌細胞に酵素を取り入れたりする効果

栄養素をバランスよく摂取することで、ニキビができたり悪化するのを防ぐことができます。

しかし、現代の毎日の食事からはすべての栄養をバランスよく補うことは難しいと思います。

基本は食事から栄養を補うことを念頭に、それでも無理な場合はサプリメントや栄養ドリンクなどを摂取するようにしましょう。

現実的なのはサプリメントです。

食事は身体の活力にもなるので、日々改善していくことも大切だと言えます。

4-4.紫外線

「紫外線」の画像検索結果

出典 |  Mynavi  

この紫外線というのはニキビ肌にとって大敵です。

常に皮膚に皮脂があると紫外線を浴びることで皮脂は酸化してしまうのです。

皮脂が酸化すると、毛穴の詰まりや毒素を発生させて結果、ニキビができてしまいます。

極力、紫外線を浴びないようにするのは、シミやしわ、日焼けだけでなくニキビを発生させないようにすることもできます。

UVケア商品も最近ではニキビができやすい人用に、サラッとしたつけ心地やニキビになりにくい処方(ノンコメドジェニック処方)になっているのでニキビができやすい人も安心して使えます。

また、外に出るときは日傘や帽子をかぶるなど紫外線を肌に受けない工夫も必要です。

私たちが思っている以上に日常では紫外線を受け続けているのです。

気を付けましょう。

4-5.皮膚科も検討する

「皮膚科も検討する」の画像検索結果

出典 | 剛毛女性必読!【※知っておきたい脱毛&ムダ毛処理方法】 

常に食生活や生活リズムなどすべてを試してみたが、ニキビが減らなかったり悪化したりする人も中にはいると思われます。

そういう時は一度皮膚科を受診して相談してみましょう。

皮膚科では内服の薬や塗り薬を処方してくれます。

最近では、美容皮膚科と呼ばれる、肌トラブル専門の皮膚科もできていますので、安心して受診することができます。

 

5.漢方のニキビケアとは?

「漢方のニキビケアとは?」の画像検索結果

出典 | ニキビケアネット-ニキビの原因から治し方まで丁寧に解説-  

ニキビケアをしても数年治らない、体質改善しながらニキビケアしたい。

そんな方は漢方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

自律神経を整え、体の根本から立て直すため、ニキビが治るだけでなく、できにくい体質に整える働きも。

漢方ならではの体感できるメリットをご紹介したいと思います。

5-1.漢方のメリット

漢方の大きなメリットというのは、西洋薬と比較すると、副作用のリスクが低いという事です。

漢方薬も薬ですから飲み方次第では、副作用のリスクがあるのです。

しかし、西洋薬に比べると、それほど強くないと言われています。

一般的に、漢方薬は何種類かの薬物を組み合わせて作られています。

これは、中国で昔から、臨床経験によってできたもので、その組み合わせによって作用を強めたり、副作用を抑えたりしています。

また、漢方は医療ですので、どういった症状や、体質に用いるかということが、厳格に決められており、正しく服用すれば、副作用なく改善することができるのです。

5-2.漢方のデメリット

長い期間かかり、なおかつ苦く飲みにくいです。

続いて、漢方薬のデメリットをご紹介します。

漢方薬のデメリットは、即効性が低いという点が挙げられます。

漢方というのは、毎日飲み続けることで、徐々に体質改善をしていくというものです。

その為、即効性が乏しいというデメリットがあります。

また、味に癖が強いものも多く、人によっては飲みにくさを感じます。

味に関してはどうにもなりません。

我慢しましょう。

5-3.体質を見極めること

著しく体質改善ができるため、体の中からニキビ予防ができるという点が挙げられます。

漢方を処方される場合、まず、薬局などですでに処方が組まれた状態になっているもの。

もう一方は、ひとり一人の症状にあわせて調合する「オーダーメイド」漢方。

オーダーメイドの場合は高額ですが、より効果が高いといわれています。

その人の体質を見極めた上で、その人に合う漢方薬を処方するために多少コストが生じてしまいます。

5-4.漢方の購入

この漢方薬というものは医薬品なので、漢方薬を扱っている医療機関を通じる方法と薬局で購入があります。

2009年6月の法改正以降、インターネットでの新規購入ができなくなってしまいましたが、病院や薬局での購入はできるのです。

ただし、一般の医師や薬剤師は漢方薬と西洋薬と同じように考えている場合もまれにあります。

できれば、漢方専門の病院や薬局を利用するのがよいと思われます。

 

 

6.まとめ

ニキビケアは思春期ニキビか大人ニキビかによってケア方法が変わってきます。

しっかりとスキンケアをしていても、ストレスや睡眠不足などが重なればニキビは出来てしまいますよね。

しかし、どちらにも共通するのが肌を清潔にして潤いを保つことです。

この二つが肌を健康な状態にし、ニキビの出来にくい肌へと導いてくれます。

日頃からしっかりとケアしていれば自然とニキビは減っていきますので、自分の肌に合ったニキビケア用品で正しくケアしていきましょう。

そのニキビを初期段階の状態で治せればいいのですが、化膿してしまったニキビは皮膚科に行って治療することもおすすめです。

皮膚科で治療すれば跡が残らずに綺麗に治せますので、膿んでしまったニキビはお医者さんに治してもらいましょう。

皮膚科に行くとニキビケアのクリームが処方されると思います。

そのクリームは化粧水の前に塗ることで膿んでしまったニキビを早めに治してくれます。

是非、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket