二キビ跡を消す!今日から自宅でできるニキビ跡を治す5つの方法教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ニキビよりも、ニキビの跡が気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

ニキビ跡というのは、炎症や傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。

大切なことは、ニキビ跡の種類を知り、その種類に合わせて対策や治療を行うことです。

 

ここでは、そんなやっかいな「ニキビ跡」を、症状別にキレイに治してしまうためのテクニックを全て教えます。

まずは、思春期ニキビと、大人ニキビという2つの種類について確認していただいてから、ニキビ跡について解説します。

 

思春期ニキビとは?

皮脂の分泌が活発になるのが原因で毛穴に皮脂がつまる事で発生するのが思春期ニキビです。


皮脂をコントロールする事で予防する事ができます。

20歳を過ぎた頃には治まってくる事が多いのが思春期ニキビです。

 

大人ニキビとは?

ストレスや睡眠不足、不規則な生活で男性ホルモンが活発になって増加してきて発生したり、お肌の水分量が減る事でバリア機能が低下して発生するのが、大人ニキビです

女性の場合は生理前になるとホルモンバランスが崩れて黄体ホルモンの分泌が高まるために脂っぽくなってどうしてもニキビや吹き出物がぽつぽつと出てきやすくなります。

クレンジングなどスキンケアがお肌に合わないのに使い続けても、ニキビが発生します。

肌がピリピリする赤くなる、痒くなる、次の日にニキビがでるスキンケアが合わないんだなときずきますが、2週間、1ヶ月使い続けてニキビが発生しだす場合もあります。

 

ニキビが炎症を起こしなかなか治らず、ニキビ跡が残って悩んでいる方も多いです。

ニキビ跡には、種類によって治りやすいものとそうでないものがあります。

そのため、自分にあった治し方を探すのに自分のやってる事を、一つ一つチェックして見直すことが大切です。

ニキビ跡が残ってしまう原因は、ニキビが気になり触ったり潰してしまったりすることで、肌の奥まで炎症を起こしてしますからです。

 

1.ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、色素沈着、傷の事です。

ニキビが同じ場所に出来続ける事で皮膚深部の周囲の組織がダメージをうけ、傷跡として残ってしまいます。

2.ニキビ跡のタイプ

2-1赤みニキビ跡タイプ

ニキビの盛り上がりが平らになり、赤みだけが残ってしまうタイプ。

ニキビを治そうと毛細血管が増生、拡張することで周辺の血液の流れが滞りのこってしまう。

ある程度、日数がたてば薄くなることもあります。

赤ニキビ跡

2-2紫色のシミタイプ

炎症や化膿が悪化し表皮の奥にある真皮にダメージをうけ毛細血管が壊れて血管内の血液が皮膚細胞に漏れてできるタイプ。

ニキビ跡紫色

2-3茶色のシミタイプ

にきびの炎症後の赤みが茶色いシミになるタイプ。

メラニンを大量に作る事で肌にダメージを受けた場合にメラニン色素が残ってしまいます。

メラニンは、紫外線だけではなく炎症や化学物質などから肌を守るための物質です。

メラニンは表皮で生成されるので、新陳代謝ではがれ落ちますが、ニキビが出来てる肌はターンオーバーがみだれメラニンが残る場合が茶色のシミです。

ニキビが出来ている時に、紫外線にあたる事でさらに濃くなります。

跡茶色いニキビ跡

2-4クレーター状タイプ

いちばん避けたいニキビ跡です。

ニキビの炎症が悪化し、強い炎症が治らない事で、真皮がダメージを受けてしまいコラーゲン組織が破壊されて陥没してしまうタイプ。

コラーゲンが破壊されると、新しい皮膚細胞が作られにくくなります。

そのために真皮の修復に影響がおよび、凸凹が出来てしまいます。

年齢とともに体内のコラーゲンが減る事で、凹みが目立ってきます。

ニキビ跡クレーター

2-5しこり、ケロイドタイプ

肌の奥深くまで炎症や化膿が進んでできるタイプ。

ニキビが治るだんかいで、真皮の修復が行われる時にコラーゲン繊維を作り過ぎて、皮膚が硬くなるしこりタイプ。

同じところに何度も化膿を繰り返し、その炎症で毛穴の組織は破壊されて毛穴が無くなり、ヤケド跡のように盛りあがってしまうケロイド状タイプ。

痒みや痛みを生じる事があります。

ニキビ跡しこりケロイド

3.ニキビ跡のタイプ別対処法

ニキビ跡は種類によって、自分でのスキンケアで消えてくれるのから病院の治療まで色んな対処法があります。

3-1赤みニキビ跡タイプ

皮膚の温度を下げてくれたり、炎症を抑えてくれるスキンケアをしてあげることで、シミにならずに改善するばあいもあります。

ニキビ跡があるお肌は、ごわごわに固まっている状態なので化粧水などのスキンケアがお肌に入りにくいです。

侵透しやすい柔らかな状態にする事が大切です。

マッサージ料や、パック、シートに炎症を押さえるローションを含ませたローションマスク、水分を浸透させるためのマスクを使う、蒸しタオルをするとお肌を柔らかくする効果があります。

蒸しタオルには、免疫力が下がってターンオーバーの乱れを、血行が改善される事で免疫力がアップすることでお肌の回復が早くなります。

活性酸素によるお肌のダメージを防いでくれ、メラニンの生成を抑えてシミになりにくくしてくれて、コラーゲンも増やしてくれるHSP(ヒートショックプロテイン)効果がある。

e1425495983358

注)やけどには気をつけましょう。


週に1回から始めましょう。


タオルはのせる程度で、ゴシゴシお肌を擦らないようにしましょう。


肌が赤くなったりかゆみが出た場合は中止しましょう。

温熱に弱い肌質の場合もあります。

蒸しタオル後は、お水でお肌を冷却してあげましょう。

ニキビ跡の赤みでは毛穴全体が大きな炎症を起こしています。

炎症がつづくと色素沈着を起こす可能性もあるため、炎症を抑える作用のある化粧水を使うようにします。

スキンケアの手順

1・クレンジングをする。

(夜、メイクをしてなくても週に2,3回はしてあげる)

2・洗顔(擦らずに泡を肌にのせて洗う)

3・蒸しタオル(週に2,3回)

4・ブースター(オイルや美容液)
ブースターは、化粧水や乳液などのスキンケアなどの浸透をよくするもの。

美容オイルは、角質層の水分と油分のバランスを整えてくれるので、化粧水や  乳液などをお肌に入りやすくしてくれます。

5・化粧水や乳液をつける。

(メーカーやその人の肌質によって、化粧水→乳液   乳液→化粧水)

6・美白美容液

7・スキンケア用のパウダー
皮脂自体は必要なものなのですが、睡眠中に皮脂の酸化やホコリ、髪の毛など  がお肌に付きにくくしてくれる。

オイル
ダマスクローズのエキスと精油、そしてビタミンの宝庫と言われるモスターカパラ(ローズヒップ)のエキスを配合。

これら3種の成分の相乗効果で肌の水分保持力をキープしてくれて、柔らかさを肌にもたらしてくれるのです。

CAV ボディー

アベンヌの4つの効果

1.鎮静効果
アベンヌ温泉水には肌をクールダウンさせる働きがあるため、敏感肌特有の皮膚のチクチク感やイライラ感を鎮めて肌を快適に保つことができます。

2.消炎効果
肌をクールダウンさせることによって、肌の赤みやほてりといった症状を落ち着かせます。

3.ターンオーバー正常化する
アベンヌ温泉水には、表皮の角化に関係する3つのたんぱく質の生成をサポートし、健康な表皮を保つ働きがあります。

これにより、なめらかでつやのある肌に整えます。

4.皮膚の抵抗力を高める
アベンヌ温泉水は肌のバリア機能を整えることで皮膚の抵抗力を高め、健やかな状態へと導きます。

セルフケアでニキビ跡が治らない場合は、皮膚科などの病院で治療を受けるのも、選択の一つです。

イオン導入治療と効果
レーザー治療の効果

イオン導入は、用いる成分によって改善効果は異なってきます。

 

・ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑制する働きがあるので、ニキビ跡の赤みや茶色っぽい色素沈着に効果的です。

他にも、コラーゲン生成、皮脂分泌や炎症を抑える作用もあるなど注目の成分です。

レーザー治療の効果

Vスターレーザー
赤みタイプのニキビ跡に効果的なVスターレーザーは、色素レーザーの治療機器で、赤み(酸化ヘモグロビン)に吸収される特性を持つレーザーを照射して、赤みを改善していきます。

接触型冷却装置で皮膚表面を保護しながら治療を行うことが可能です。

ピュアアクネス
赤みタイプのニキビ跡に効果的なピュアアクネスは、光波長がアクネ桿菌(かんきん)を死滅させる410nm~700nmの波長と適応した治療機器です。

それに加えて、・アクネ桿菌を死滅させる青色光
・黒ニキビを軽減させる緑色光
・ニキビ跡の赤みや赤ニキビを軽減させ肌質を改善する黄色光とオレンジ光
・炎症、皮脂を軽減させる赤色光

の5色の光を持つため、ニキビ跡やニキビ全般に効果的です。

付加的効果としてコラーゲンを産生する作用もあります。

また、専用ジェルで冷やしながら照射するため、肌にかかる負担も最小限です。

ダウンタイムがなく、治療直後から化粧が可能です。

ニキビ跡の改善とともに、肌質自体の改善が可能です。

全てのニキビに効果的です。

アクネ桿菌自体を死滅させるため、再発を防ぎます。

クリアタッチ
赤みタイプのニキビ跡に効果的なクリアタッチは、ニキビ跡の赤みの改善、皮脂分泌を抑える効果があります。

2つの光の相乗効果+温熱効果により、ニキビ跡やニキビを改善します。

3つのメカニズム毛包や皮脂腺内のアクネ桿菌が作り出すポルフィリンに対して、波長415nm付近の青色光が吸収されて活性酸素を発生させ、アクネ桿菌自体や皮脂腺にダメージを与えることで、ニキビは改善され、再発を抑えます。

つまり、青色光の波長は殺菌作用があるのです。

炎症を抑える波長660nm付近の赤色光が血管やニキビの赤みに吸収され、炎症性のニキビやニキビ跡の赤みを抑えます。

50~60度の熱で局部の血行を促進し、アクネ桿菌や表皮ブドウ球菌、その他のバクテリアの菌を瞬時に殺菌し、角栓を溶解する作用があります。

照射時に少し温かみを感じる程度の熱です。

ニキビ跡や炎症性のニキビの赤みに根本的に作用します。

アクネ桿菌・皮脂腺を破壊し、ニキビを改善し、再発を抑えます。

皮脂の分泌を正常化し、皮膚のテカりや化粧崩れが軽減します。

美白・美肌効果やうぶ毛脱毛効果があります。

顔以外の、背中や胸元など各部位への治療も可能です。

痛みのダウンタイムはなく、治療後すぐに化粧が可能です。

目的に合ったビタミンを、調合して継続的に受ける事で効果がでやすくなります
点滴や注射は、有効成分を直接血管に入れて効果を得るため即効性があり、また成分量が100%吸収されるという点で、効果的です。

ニキビ跡に必要なビタミン
ニキビ跡の治療で欠かせないビタミン。

ビタミンは体内で合成できませんが、人間が生きていく上で欠かすことができない重要な成分です。

ビタミンB2
脂肪、炭水化物およびタンパク質の代謝や呼吸、赤血球の形成、抗体の生産、正常な発育に必要。

また、細胞の再生やエネルギー代謝を促進し、健康な肌を作り出します。

ビタミンB6
タンパク質の合成に必要なアミノ酸が足りない場合に、別のアミノ酸に作り変える働きを助ける補酵素。

また、皮膚を健康にする効果や、成長を促進する効果があります。

ビタミンC
コラーゲンの生成に深くかかわっているビタミン。

コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ結合組織や骨などを丈夫にしているタンパク質です。

肌の細胞と細胞をつないでいるのもこのコラーゲンです。

そのためビタミンCが満たされていると、肌と肌の細胞の結合が丈夫になり、肌のハリ・ツヤにつながります。

メラニン色素の生成を抑える働きもあるため、色素沈着にも効果があります。

ビタミンE
脂溶性ビタミン。

主な作用である抗酸化作用で血管の健康を保ち、老化を予防するとともに、ビタミンCの働きを長期持続させる作用を持ちます。

ミネラル
五大栄養素のひとつで、必須ミネラルは5種類の主要ミネラルと、11種類の微量ミネラルがあります。

それぞれに重要な役割はありますが、ミネラルは体の機能の維持や調整などには欠かせないものです。

ビタミンの働きをより助けてくれるものです。

パントテン酸
様々な代謝やホルモンの合成などを正常に維持することに役立つビタミン。

細胞と細胞をつなぐコラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助ける作用があり、お肌の健康維持に役立っています。

ビオチン(ビタミンH)
糖のリサイクル、脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝にかかわる補酵素。

そのアミノ酸はタンパク質の材料であるため、ビオチンが不足してアミノ酸代謝が滞ると肌へ影響してきます。

ニコチン酸
脂肪や糖質、タンパク質などの代謝、アルコールの分解などの補酵素として働き、循環系や消化系、神経系の働きを促進します。

また、脂肪の代謝を改善してくれるという効果もあるため、過剰な皮脂の分泌をコントロールしてくれる効果もあります。

目的に合ったビタミンを、調合して継続的に受ける事で効果がでやすくなります。

3-2紫色、茶色のシミ跡タイプ

お肌の色素沈着してくると、早めの段階ですとセルフケアしてあげる事で、無くなる事もあります。

紫色のシミが悪化すると茶色のシミになっていきます。

こうなると、真皮層にメラニンが定着したことが原因です。

肌のターンオーバー周期を正常にしてあげることです。

クレイパックの効果は、色素殺菌還元作用、抗炎症作用、老廃物の吸収・不純物の排泄、血液循環の促進効果などがあるので、にきび後の色素沈着を改善しやすくしてくれます。

クレイパック後は、蒸しタオルでふき取るといいです。

スムージングマスクNU
スムージング マスク NU

動物成分、石油由来成分、合成香料、合成着色料、合成シリコン、合成酸化防止剤、遺伝子組み換え植物成分、パラベン(防腐剤)を不使用
豊富な美容成分が密閉効果で肌にじっくり浸透し、 天然のミネラルを豊富に含むカオリンが、お肌の汚れや古い角質を吸着して余分な皮脂と汚れをしっかりオフしてくれます。

スキンケアの手順

1・クレンジングをする

2・洗顔する

3・クレイパック(週に1回)

4・蒸しタオル

5・ブースター

6・化粧水や乳液をつける

7・美白美容液

8・スキンケア用のパウダー
IMG_2181
クラウド‬ 9 ブランデ ホワイトクリーム という文字通りの美白クリーム、とろりと柔らかいヨーグルトのようなテスチャーです。

使い方は、朝は、夜の最後に薄く塗るのが基本的な使い方です。

私は乾燥が気になるので、いつものクリームをつける前にクラウド 9 ブランデ ホワイトクリーム をつけます。

朝起きて、シミが濃く‪気になる時は‬、‪‎化粧水の後に‬、お肌が隠れるほどたっぷりと塗ります。

‪クリームが乾いてきたら‬、‪‎蒸しタオルでふき取ります‬。

MMCシルクp
18種類のアミノ酸を含み、シルクのみで作られたスキンケアパウダーです。

モイスチュアシルクは、乳液のような役割を果たします。

肌の水分油分のバランスを整えながら、内側をしっかりプロテクト。

外側はさらさら、内側はしっとりの肌を作ってくれます。

もちろんフェイスパウダーとしても使用可能。

注)どなたにも、とても良い商品なのですが、まれにシルクがお肌に合わない方がいらっしゃいます。

イオン導入、レーザー治療の効果

イオン導入は、用いる成分によって改善効果は異なってきます。

・ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑制する働きがあるので、ニキビ跡の赤みや茶色っぽい色素沈着に効果的です。

他にも、コラーゲン生成、皮脂分泌や炎症を抑える作用もあるなど注目の成分です。

・プラセンタエキス

ターンオーバー(新陳代謝)を促進しコラーゲンを生成することで、軽度のクレーター状ニキビ跡を改善する働きがあります。

また、色素沈着タイプのニキビ跡に効果的です。

フォトシルクプラス
赤み、茶色タイプにニキビ跡に効果的なフォトシルクプラスは、メラニンとヘモグロビンの両方に反応するため、赤みのあるニキビ跡や色素沈着になってしまったニキビ跡にも効果的な光治療器です。

コラーゲン増殖作用もあります。

過剰な熱ダメージを回避する照射システムになっており、1ショットあたりの光の放射を数回に分割することで、表皮と真皮に温度差を作り、表皮を保護しながら照射することが可能です。

肌へのダメージが少ないので、治療後すぐに洗顔や化粧が可能です。

点滴、注射の治療を、目的に合ったビタミンを、調合して継続的に受ける事で効果がでやすくなります。

3-3クレーター状、しこり、ケロイドタイプ

クレーター状やしこり、ケロイドになってくると、目に見えての改善は皮膚科専門医の診察を受けて治療することが必要です。

軽度のタイプなら、スキンケアで改善する場合もあります。

090824B5
リバイタルグラナスプラチナムシステム
2週間で肌を進化させる、グラナスならではの美肌形成システム。

肌を整え肌本来の機能を目覚めさせる14日間の集中スキンケアセット。

スキンケアの手順

1・クレンジングをする

2・洗顔する

3・クレイパック(週に1回)

4・蒸しタオル

5・ブースター

6・化粧水や乳液をつける

7・美白美容液

8・スキンケア用のパウダー
sk017
スキン リファイニング トリートメント〈医薬部外品〉
毛穴の角栓や角質肥厚をケア。

凹凸トラブルなしに肌の角質肥厚をとれやすくしてくれます。

毛穴トラブル(角栓や黒ずみ、毛穴の開き)の原因となる毛穴の中の汚れへ、アプローチします。

毎日の継続使用で、毛穴の目立たないなめらかな肌へ導きます。

イオン導入、レーザー治療の効果

イオン導入は、用いる成分によって改善効果は異なってきます。

・ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑制する働きがあるので、ニキビ跡の赤みや茶色っぽい色素沈着に効果的です。

他にも、コラーゲン生成、皮脂分泌や炎症を抑える作用もあるなど注目の成分です。

・プラセンタエキス

ターンオーバー(新陳代謝)を促進しコラーゲンを生成することで、軽度のクレーター状ニキビ跡を改善する働きがあります。

また、色素沈着タイプのニキビ跡に効果的です。

フラクセルレーザー
凸凹タイプにニキビ跡に効果的なフラクセルレーザーとは、肌の修復ではなく、「新しい肌へリセット」する治療機器です。

従来の施術のように「面」で治療するのではなく、マイクロ単位の極めて小さい「点」で皮膚に穴を開け、1回の照射で5~10%の皮膚を入れ替えていきます。

角質より深い部分に作用して、ダメージを受けた組織を排出し、新しい「赤ちゃんのような」肌へと再生していきます。

同時にコラーゲンを増殖させ、ニキビ跡による凹みをなめらかにする作用もあります。

表皮のバリアゾーンと呼ばれる皮膚の保護機能は損傷せずに肌を生まれ変わらせる、画期的な治療機器です。

ヤグレーザーピーリング
赤み、凸凹タイプにニキビ跡に効果的なヤグレーザーピーリングとは、レーザーの拡散作用により、肌のざらつきやしわの元になる皮膚表面の古い角質をピーリングします。

同時に、レーザーの熱エネルギーが皮膚深部にまで達するため、線維芽細胞を活性化させることでコラーゲンを増殖し、ニキビ跡による凹みを滑らかにします。

また、毛穴の引き締めにも効果的です。

クリスタルピーリング
凸凹タイプにニキビ跡に効果的なクリスタルピーリングは、150ミクロンの酸化アルミニウムという細かい粒子を皮膚に吹きかけ、同時に吸引することで皮膚表面の古い角質を物理的に除去するピーリングです。

化学薬品を一切使わないため、化粧に含まれるフルーツ酸やケミカルピーリングなどで使用する薬剤が肌に合わない方も安心してお受けいただくことができます。

酸化アルミニウムは、制汗剤や歯の研磨剤、歯科治療などで使われており、昔はファンデーションにも配合されていました。

化学薬品ではないため、人体には無反応です。

わずか1回のピーリングでも明るく透明感のあるつるつるの肌を得られます。

ニキビ跡・くすみ・肌のごわつき・ざらつき・小じわなどに効果的です。

また、皮膚が薄い首のしわや目の周囲にも施術できます。

痛みもなく、治療後すぐに化粧が可能です。

サーマクール
凸凹タイプにニキビ跡に効果的なサーマクールとは、レーザー光線の何倍もの強さをもつラジオ波の熱エネルギーを使用して、自己コラーゲンを産生させることにより、傷跡の凹み改善や皮膚の中の塊を柔らかくする治療機器です。

ラジオ波をあてることで熱が真皮を収縮させ、ゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生させる治療方法です。

皮膚の引き締め効果とともに、肌がすべすべになります。

真皮内でコラーゲンが増殖することで、軽度のクレーターが改善されます。

点滴、注射の治療を、目的に合ったビタミンを、調合して継続的に受ける事で効果がでやすくなります。

ヘモグロビンとメラニンに効果があるフォトシルクプラスなどで光治療やビタミン
バイオイルは、ニキビ跡・傷跡・妊娠線にも効果があるロングセラーの商品でオイルを塗り続けると薄くなってきます。

4.ニキビ跡メイクの仕方と隠し方

ニキビ跡治すには時間がかかりますが、ニキビ跡をきれいに消すメイク方法をご紹介します。

4ー1赤みニキビ跡タイプのメイクポイント

化粧下地
肌の色むらを補正できる下地を選ぶ。

グリーンのコントロールカラーを、赤みニキビ跡の所だけに塗る。

グリーンで赤みを消すことで、次に使うコンシーラーを厚く塗らずにすみます。

コンシーラーを使う。

コンシーラーは、ブラシか綿棒でニキビ跡に軽いタッチでたたくように、のせていきます。

けっして伸ばすようにはつけないようにします。

後、ニキビ跡の皮膚は毛穴がない状態なので、手でつけると手の温度でよれてしまうのと、コンシーラーがすべってしまいます。

フェイスパウダーを使う。

フェイスパウダー使う事で、コントロールカラーやコンシーラーを崩れるのを防ぎます。

ニキビ跡のコンシーラーを塗った所だけに、フェイスパウダーをパフで軽く押さえます。

(パフにしっかりと揉みこんでからお肌にのせる。

パウダーファンデーションを使う。

スポンジを収れん化粧水でほんの少し湿らします(湿らしすぎはダメです。


パウダーファンデーションを押さえるよに塗っていきます。

フェイスラインに、ニキビ跡がない場合は伸ばすように塗るとナチュラルに見えます。

フェイスパウダーを使う。

フェイスパウダーを重ねる事で、皮脂崩れを防いでくれるのとキメ細かいお肌に見える事でナチュラルに見えます。

チークを使う。

ブラシを擦らずに、軽くのせてあげる。

擦るとベースメイクがよれてしまいます。

imagesALPKQMN4
マリークヮント モアザン モイスチャー コントロール カラー

ニキビ跡の赤みを抑えて、美しく均一な肌色に整えます。

ラッピングポリマーによって皮膚にぴったり密着し、長時間乾燥を防ぎます。

また、保湿効果のある成分「ソルビトール」が肌の水分バランスを整えて化粧崩れも防ぎます。

CPBフェイスP-e1425494511594
クレ・ド・ポーボーテ プードルトランスパランs
繊細に、高貴に、ふんわりと洗練肌に仕上げるフェースパウダーです。

クレ・ド・ポーボーテ プードルトランスパランsをつける事で、紫外線からお肌を守ってくれ、乾燥からでる皮脂による化粧崩れを防いでくれる。

トラブルのある肌を、綺麗なお肌に見せてくれる優れものです。

4ー2紫色、茶色のシミ跡タイプのメイクポイント

化粧下地
肌の色むらを補正できる下地を選ぶ。

コンシーラーを使う。

紫色のシミ、茶色のシミにコンシーラーを手にとり軽くのせていきます。

完全にシミが見えないようにします。

パウダーファンデーションを使う。

コンシーラーを塗った上に、パウダーファンデーションをパフで軽くのせていきます。

その後、つけてない所をパフで押さえるように付けていきます。

コンシーラーを塗ってる所は、擦らないことが綺麗に仕上がるコツです。

フェイスパウダーを使う。

フェイスパウダーを重ねる事で、皮脂崩れを防いでくれるのとキメ細かいお肌に見える事でナチュラルに見えます。

チークを使う。

ブラシを擦らずに、軽くのせてあげる。

擦るとベースメイクがよれてしまいます。

チークを塗る時点で、シミが綺麗に消えてないようであれば、オレンジ系のチークを使うとシミが目立ちにくいです。

ロゼシャネルベース 
シャネル ル ブラン バーズ ルミエール
下地の役割は、ファンデーションをしっかり密着させる効果・日焼け止め効果・肌の色をコントロールする効果・ファンデーションや外気からお肌を守る効果があります。

4ー3クレーター状、しこり、ケロイド状跡タイプのメイクポイント

化粧下地
肌の色むらを補正できる下地を選ぶ。

コンシーラーを使う。

クレーター状跡は、コンシーラーを手にとり凹に埋めるようにのせます。

手を小刻みに動かしてあげると綺麗に平らな肌に仕上ります。

かためのコンシーラーを使うと、時間がたっても崩れにくいです。

コンシーラーは、選びかたと使い方次第で、とても綺麗なお肌に仕上ります。

フェイスパウダー使う事で、コンシーラーを崩れるのを防ぎます。

ニキビ跡のコンシーラーを塗った所だけに、フェイスパウダーをパフで軽く押さえます。

(パフにしっかりと揉みこんでからお肌にのせる。

パウダーファンデーションを使う。

スポンジを収れん化粧水でほんの少し湿らします(湿らしすぎはダメです。


パウダーファンデーションを押さえるように塗っていきます。

フェイスラインに、ニキビ跡がない場合は伸ばすように塗るとナチュラルに見えます。

フェイスパウダーを使う。

フェイスパウダーを重ねる事で、皮脂崩れを防いでくれるのとキメ細かいお肌に見える事でナチュラルに見えます。

チークを使う。

ブラシを擦らずに、軽くのせてあげる。

擦るとベースメイクがよれてしまいます。

お化粧直しには、柔らかいポケットティッシュで、汗や皮脂を優しく押さえます。

プレストフェイスパウダーを軽く押さえてあげると綺麗が1日持ちやすいです。

ニキビ跡を治す生活習慣

ニキビ跡が治らない方は、何よりも生活習慣を見直しましょう。

睡眠不足もそうですし、食事の内容はお肌にダイレクトに反映されます、お肌の免疫力をアップさせて毛穴からの菌やウイルスが入ってこないようにしましょう。

肌も本来、キレイな状態を保とうとホメオスタシス機能が働いてくれてます。

ホメオスタシス(恒常性維持機能)とは、外部からの刺激をうけても、元に戻す力が私たちの体にはあります。

この、機能をサポートするのは栄養です。

美肌は食べ物から作られます。

20代前後の健康な人で、お肌の生まれ変わりは28日間と言われてます。

バランスの良い食事

ニキビに良いと言われているのはお肌の再生を助けてくれるというビタミンB2
皮膚を健康に保って取り過ぎた皮脂を分解してくれるビタミンB6
活性酸素を抑えてくれるビタミンC
肌の再生を助けてハリやツヤを出してくれるビタミンA
血行を良くしてくれるビタミンEと言われています
肌のターンオーバーを促進してくれるタンパク質

皮脂を抑えたり、肌のターンオーバーを正常にするには、食品添加物を摂らないことです。

日本の決まりでコンビニの野菜にしても、スーパーでの出来合い・カット野菜それに子供の給食なども全部塩素がかかっているので添加物を摂らないのは難しいですが、調理されてないカット野菜など水で洗い流すだけでも違います。

摂れない栄養はサプリメントで

ビタミンをサプリメントで補うのは有効だと思います。

なかなかバランスよくビタミンを摂るのは難しいので、サプリメントなど効果的でいいと思います。

5.ニキビ跡を作らないための、場所による対処法

まずは、ニキビ跡を作らないために、ニキビができないように対策をしましょう。

ニキビは白から始まって黒→赤→黄色となっていきます。

白の時点でスキンケアを考え直したり食生活を見直しましょう。

黒ニキビはお鼻の頭にぷつぷつとできますが、皮脂が詰まって酸化した状態なので、その時点でクレンジング・洗顔の見直しやスキンケアをさっぱりタイプにしてみたり、皮脂が浮きにくい美容液などをプラスしてみるといいでしょう。

5-1おでこ

胃腸の不調やシャンプー・トリートメントの洗い流し、前髪の刺激・思春期でのホルモンバランスの乱れで過剰に皮脂分泌して出来やすくなります。

胃腸を休ませてあげる食生活・良質な睡眠・シャンプー、トリートメントの洗い流しに気をつけてあげると良いでしょう。

一番最初にシャンプー・トリートメントをして、体・顔を洗う前に流すようにするといいですね。

5ー2頬

胃腸・肝臓の調子が悪いとき。

便秘・糖分の取り過ぎ、男性ホルモンの影響や乾燥・冷えから過剰な皮脂が分泌されニキビが出来やすいと言われてます。

スキンケア商品がお肌に合わない時にも出来やすい場所です。

食べ過ぎ・飲み過ぎと思ったら少し控えてみて様子を見ましょう。

湯船に浸かり体温を上げて、冷えを改善。

スキンケア商品が合わない場合は、お肌がその成分をいらないと拒否をしているので、温泉水や精製水をお肌に吹きかけてあげる程度で後は何もしないつけないでお肌を休ませてあげるといいです。

食生活の改善やビタミンサプリメントやビタミン注射などでお肌の免疫力を上げましょう。

5ー3鼻

皮脂の過剰分泌により毛穴のつまり、肝臓・大腸・肺の不調、触り過ぎなど。

お肌を触り過ぎないように、アルコール・喫煙を控えてあげるなどすると良いでしょう。

5ー4顎

男性ホルモンの分泌が増えて肌の新陳代謝が崩れます。

女性は生理前に出来やすいです。

後、ストレス・睡眠不足・冷えからも影響があるといわれてます。

生理前など頭痛があるときは、半身浴すると改善されます。

ハーブの入浴剤などを湯船に入れて体温を上げることで、冷え・新陳代謝を和らげてあげることで、良質な睡眠とストレス解消にいいでしょう。

5ー5口の回り

胃腸の不調・乾燥・ホルモンバランスの乱れで出来やすいです。

緑黄色野菜やサプリメントでビタミンBを取るといいです。

5ー6背中

ホルモンバランスの乱れ・糖分、脂質の取り過ぎ・シャンプーの洗い残し・洗剤などがお肌に合わない・汗などが原因の場合に出来やすいです。

生活習慣の見直しをして、洗剤や柔軟剤の刺激の少ないの変えるのもいいですよね。

5ー7おしり

座ることで、角質も厚くなり下着などの締めつけの血行不良や汗のむれなどで出来やすいです。

通気性が良く汗を吸い取るコットンの素材の下着にしてあげるとか、クレイ洗顔や酵素洗顔・化粧水や美容液で保湿してあげるといいです。

寝具を清潔に特に枕カバーは毎日取り換えてあげましょう。

毎日が大変だったらバスタオルを枕に巻いて毎日取り換えてあげる。

洗顔後のタオル・入浴後のタオルも毎日取り換えてあげるといいですね。

メイク道具のスポンジやブラシもこまめに洗って使いましょう。

IMGP2760
まずは、ニキビができないように、生活習慣やストレスによる暴飲暴食、間違ったスキンケアなどが原因でニキビができてしまう事が多いので、糖質・脂質・炭水化物を控えて野菜や果物を多めに取るようにします。

サプリメント・漢方やビタミン注射なども効果的です。

スキンケアでは、優しくクレンジングで汚れを落とし洗顔は、泡を固めにしっかり泡立ててお肌にのせて泡を動かす感じで洗います。

シャワーで洗い流さず擦らず優しく洗顔料を洗い流しましょう。

その後、化粧水・美容液・乳液・クリームなどで、保湿してあげましょう.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket